IMG_0392

まちにまったクリスマス会の日です。
みんなの「ああ もみの木」「森は生きている」の歌声から始まりました。

IMG_0395
まずはハンドベル演奏です。 澄みきった音色が響きます。曲は「おほしがひかる」「ああ もみの木」

IMG_0397
マンドリンとリコーダーの演奏です。マンドリンの哀愁を帯びた音色がリコーダーを引き立てます。「エーデルワイス」の曲でした。

IMG_0400
「まるぱんころころ」のペープサート。もも組やさくら組も引き込まれます。
IMG_0402

子ども達の出番です。
IMG_0405
さくら組さん 「おほしがひかる」「冬(秋)の空」

IMG_0408
くり組さん 「山の子」

IMG_0411
かき組さん 「若い月たちの歌」

IMG_0418
ゆず組さん 「ひびけ草原の歌」「白い馬」「闇をきりさく」(スーホの白い馬)「12月の歌」(森は生きている)


IMG_0422
今年のサンタさんは、恥ずかしがり屋さんで姿を見せずにプレゼントを置いて帰ってしまいました。

IMG_0423
もみの木を囲んで、ゆず組さんとかき組さんいっしょにホールで会食をしました。


 「おもちつきをするぞ。」とホールの雑巾がけやお当番をどんどんやってしまったゆず組さん。リズムをしてもち米が蒸されるのを待っていました。
 しばらく待って、ようやく、もち米もよい具合です。

 さあ、おもちつきです。
IMG_0358
 かき組さんからつきます。くり組さんやさくら組さんは見学です。


 お待たせしましたゆず組さんの番です。
IMG_0361



IMG_0364


給食のお雑煮になりました。
IMG_0373

ゆず組さんにまるめてもらったおもちです。
IMG_0371
さあ、このおもちは何になるのでしょうか?12月末にわかります。
 

今朝の保育園の前の畑は霜がふって、雪のようです。
「ふゆがきたばい さむうなったばい」と思わず歌ってしまいます。
IMG_0338


寒くてもお日さまの柔らかい日ざしをあびて
IMG_0331

IMG_0330
ゆず組さんが大根干しの手仕事をしてくれました。

IMG_0332
さざんかの花も寒さに負けず子ども達を応援します。

いよいよ12月になりました。
クリスマスに向けてどのクラスも飾りつけが始まりました。
IMG_0287
園庭から掘って運んできたもみの木をホールに飾ります。
高い所にのぼって飾りつけのゆず組さん。
掘ってきたのも、土を入れたのもゆず組さんです。

IMG_0291
拾ってきたみんこ(木の実)をつけてリースづくりのかき組さん。
IMG_0293
制作途中ですが工夫がひかります。

IMG_0296
これはくり組さん。この大きなまつぼっくりは山に行ってとってきました。

IMG_0295
小さいまつぼっくりはさくら組さん

IMG_0294
もも組さんは大人が工夫しています。

IMG_0300

IMG_0298
ホールにもどると、ゆず組さんが切って作ったモールをつなげてすてきな飾りになっていました。
IMG_0299
指折り数えてクリスマスを待ちます。


お日様たっぷり
IMG_0282
布団を干します。
ふかふかで気もちよいね。
IMG_0279
うめ組の午前食の時間
戸外で気持ちよく風も食べます。

↑このページのトップヘ